• 弦巻楽団

言葉と仲良くなる


こんにちは!団員の木村です。 先日の稽古では、シェイクスピアについて詳しい大野あきひこさんをお招きし、台詞を読み解くワークショップをしていただきました!

文節を区切って、ひとつの文節を喋ったら一歩で立ち位置と方向を変える、移動したら次の文節を喋る、というワークを教えていただきました。はじめは「?」と思いながら淡々とやっていたのですが、解説を聞いてその意図が分かったときに、新しい感覚を得ました!そっか!そうなんだ!と大野さんのお話にとにかく頷いてました。 今までは例えの多さや普段使わない言葉や台詞の分量でとっつきにくかった台詞が、分解したら分かりやすくなって喋るのが楽しくなりました・:*+.\(( °ω° ))/.:+

「感情ではなく思考を喋る」 というお話だったのですが、思考を考えることでよりその役のことを知ることができました!

思考があちこちへ展開するようす、次の思考を発見するきっかけを知ると、役がその場で喋ってる説得力が増しました。 受講生のみんなからも『もっと早く知りたかった!!』との声が・・・!

大野あきひこさん、ありがとうございました!!

不定期でワークショップを開催しているそうなので、都合があえばそちらも参加したい・・・! 弦巻楽団#32 「舞台に立つ」 わたしたちの街の『ジュリアス・シーザー』 3/29〜4/1 札幌文化芸術交流センター1F SCARTSにて!
 予約はこちらから! https://www.quartet-online.net/ticket/julius-caesar


0回の閲覧