• 弦巻楽団

楽団員退団のお知らせ


弦巻楽団の楽団員としてこれまで活動してきた深津尚未と安喰果菜子の2名が退団致します。

安喰果菜子は昨年春に入団し、若手リーディング企画など積極的に参加してくれたのですが、体調を崩し療養することとなり、昨年末、本人と相談の上、正式に退団することになりました。

今はまた元気になっており、楽団の公演にも足を運んでくれています。

そして、ただ一人の楽団員として長い時期弦巻楽団を支え、若手演出家コンクールの決勝や海外公演、国内ツアーにも参加し、外からの役者としての評価も高くなった深津尚未も、新しいステージに向かいます。

弦巻楽団の演技理念、の、ようなものがあるとすれば、誰よりもそれを体現し証明してくれていたのが彼女でした。

深津から今までの舞台を観てくれた皆さんへの言葉です。

深津と安喰、二人の今後と、弦巻楽団のこれからをどうか応援して下さい。

私、深津尚未は弦巻楽団を退団することにいたしました。急なお知らせで申し訳ありません。

応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。そのお声が励みになりましたし、なによりお客様がお芝居を楽しんでもらえたことがわたしにはとても嬉しいことで、その一部として関われて、私はこの劇団で良かったと思っています。 退団の理由は、わたしのわがままです。 一昨年や昨年、お芝居で色んなところへ遠征させてもらった際に、わたしには知らないことがたくさんあると感じ、

ほぼ弦巻楽団でしかお芝居をつくったことのないわたしは、このままでいいのか、と悩み、退団することを決めました。 おそらくしんどい道を選んでしまったのですが、決めてしまった以上全うしたいですし、代表も理解してくれたし(多分)、きっと上手くいかないことばかりが待っているだろうけれど、挑戦しないと腐るので(笑)どこかでまたわたしの名前を見かけてもらえるよう、遠くの拍手に想いを馳せて、精進します。

弦巻楽団と関わって約4年半、全部の時間が宝物です。本当にありがとうございました。これからも、私と、弦巻楽団をよろしくお願いします! 

深津尚未 



735回の閲覧