• 弦巻楽団

恋のフーガ


 演劇シーズンのサイト「ゲキカン」に感想が載りました。

しのぴーさん、寺下さん、ありがとうございます。

http://s-e-season.com/gekikan/suteki.html

初日開け、バタバタと本番の日々が過ぎていきます。それでも演出家としては少しだけ肩の荷が下りたような…神経は張りますが、具体的な作業は減ったというか。

毎回の日替わりゲスト、ここまで村上義典、櫻井保一、遠藤洋平、能登英輔が登場しました(櫻井、遠藤は昨日フィニッシュ!)。同じセリフを与えられてるというのに、修羅場をくぐり抜けてきた(?)俳優の凄みが溢れるそれぞれの個性。

毎回違います。それは日替わりゲストだけじゃなく、もちろん作品全体が。良くも悪くもです。胃がキリキリします。でも、安易な道は歩かないと決めた自分の選択です。ライブであることの誠実さとスリルと喜びを追い求めたいと思います。

たくさんのたくさんの方が劇場に足を運んでくれてます。

遠方、道外からもたくさんの方が来てくれてます。

自分に声をかけてくれた方だけで

(今回、カーテンコールの時に自己紹介をしたらおかえりの際声をかけられることが増えた…。)

名古屋から、中頓別から、中標津から、苫前から、東京から…。

弦巻楽団の力だけではなく演劇シーズンの広まり、参加してくれた役者の力が大きいことは分かってます。

でも、こうした場に居合わせられる幸運に感謝したいと思います。

今回参加した団体の中でも(自分で言いますが)一番地味な団体、演目だと思います。大がかりなケレンも、企画自体に目立つトピックも、企画会議なんかで出る言葉(僕は好きじゃない)を使えば『ウリ』が見当たらないかもしれません。

でも、作り手はみんな、他の団体の方もそうでしょうが

中身には自信があります。

弦巻楽団でなければ得られないソウルがこもっていると自負しています。『根っこから魂が軽くなる舞台』。それを目指しています。

稽古場では

「これはお客さんに低温火傷を残す舞台だから」と説明し、目標にしていました。

観劇直後のショックは少ないかもしれない。見てる間の手に汗握る感覚もそれ程無いかもしれない(僕はするんですが…)。でも、その分記憶の底に残って忘れられない、時々、ふっと思い返して可笑しくなれるような、そんな舞台になっています。

本番は25日まで続きます!!

今日は19時半から。満席予定ですが、当日券は販売いたします。

諦めずにシアターZOOへ!!

予約はこちら!http://ticket.corich.jp/apply/78233/002/


80回の閲覧

最新記事

すべて表示

『果実』公演中止に至った経緯の説明(2020/8/14)

いつもありがとうございます。 弦巻楽団代表の弦巻啓太です。 都合により8月13日、8月14日の上演を中止とさせていただいた 弦巻楽団#36『果実』ですが、 調整の結果、明日8月15日からの公演を再開できることになりました。 今回の公演中止、そして再開の判断に至った経緯をご説明いたします。 13日の早朝、公演スタッフの一名から、劇団代表の弦巻に 「同居人が、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した疑い

【公演再開のお知らせ】#36 果実 8月15日、16日の公演は行います。

都合のため8月13日の回と14日の回を中止とさせていただきました、 弦巻楽団#36『果実』ですが、 調整の結果明日から公演を再開できることになりました。 これからの 8月15日14時 8月15日18時 8月16日14時 の三公演を予定通り行います。 ご予約も受付中です。 明日15日のご予約は本日深夜0時までとなっております。お早めにお求めください。 中止となった13日、14日のご予約の振替も対応い