• 弦巻楽団

当たる年


あけましておめでとうございます…と挨拶したかったのに、気がつけば2月、しかも節分もとうに過ぎてしまいました。

2017年、いかがお過ごしでしょうか?

相変わらず言いたいことが多すぎて、順序立てて伝えようとしてるうちに時期を逸してしまいます。いかん、これじゃ例年通りになってしまう。

1月のまとめ。

初詣は旭川にある道内3大パワースポット神社の一つである、上川神社にお参りに行きました。

午前中に行ったのですが、混雑することもなく、静かな中お参りができました。

おみくじは大吉!しかし、昨年引いた「吉」と同じような内容な気が。妻にも「去年も『今はしっかり種を蒔く時期』みたいに書かれてなかった?」と言われました。い、いいじゃないか。これから目が出るのだからっ。

1月に入って本格的な稽古が始まりました。「君は素敵」はほぼ女性だけで演じられる会話劇です。大がかりなところは一切ありません。会話のトリックも、大どんでん返しも(多分)ありません。しかし、これがやってみるとずいぶん難しいのです。多分自分の作品の中でも1、2を争う上演が難しい作品なんじゃないかと、今回気がつきました。

稽古場日誌が日々綴られてます。

女優たちのオフショットや稽古で苦しむ様子?をご堪能ください。

演劇シーズンのキックオフイベントが13日行われました。弦巻楽団は最終ランナー、つまり「トリ」な訳です。ここでも様々な意趣を凝らしたパフォーマンスが行われる中、ひときわ地味なパフォーマンスが行われました。昨年#26『裸足で散歩』でヒロインを演じた森田晶子嬢によるアカペラです。チカホに凛とした歌声が響きました。

一昨年、函館でお世話になった館宗武さん達が札幌で公演を行いました。

僕のワークショップを受けてくれた二人も出演していました。

小さな人間の間の、出口の見えない状況が描かれた舞台でした。丁寧な作りで、こけおどしや邪心のない舞台に好感を持ちました。

弦巻楽団のWS『演技講座』もついに三学期、『舞台に立つ』という企画が今年も動き出しました。今年で4年目。今年もシェイクスピアに挑みます。経験も年齢も関係なく、20名で挑みます。ここまで9回かけて、内容の把握分析と、オーディションに費やしました。

それと、全員で音も作るという目標を立て、久しぶりに稽古場で音楽を生み出そうとしています。考えてみると弦巻楽団になってからは初めてです。

『コリオレイナス』の主役は『名もなき市民』です。名もなきローマ市民達に「コリオレイナス」という名を与えられたケイアスが破滅に追いやられる物語です。全員が奏でる音は、重要な役割を果たすことになるでしょう。

4年連続参加となる佐久間泉真(#22ナイトスイミングに出演)を始め、多彩な面々で創作中です。同じくナイトスイミングに出てた佐藤汐里も参加、「裸足で散歩」で抜群の存在感を放った伊能武生も同じく4年連続で参加してくれてます。

1月末に指導するクラーク高校の発表公演が行われました。学内での発表会だったんですが、昨年発表した「交番へ行こう」をキャストを多少変え上演しました。日頃、授業での彼らしか知らない教員や生徒の皆さんから、ありがたい絶賛の言葉をいただきました。3年生はこれで卒業になります。1年生の頃の彼らを思い出すと、ずいぶんな成長を感じました。もっと芝居したかったなあ。

今年は本厄なので、日を改めて厄払いに北海道神宮に行ってまいりました。

実はその前の晩。

家の外付けHDが突然動かなくなりました。

幸い?音楽ファイルしか入ってませんでした。

幸い??その元になるCDはほぼ家にありました。

幸い???300Gくらいのデータです。

修理屋さんに治すのにいくらかかるか聞いたら、親身な診断の結果「12万円」とのことでした。

…諦めました。

で、も。

もう一度大好きな音楽でイチから音楽ファイルを構築できると思うと、清々しい喜びに溢れてきます。本当です。強がりじゃありません。やったー!うれし涙です。全て。えぐえぐ。

と言うわけで厄年でもあることだし、

今までやってなかったことを敢えてやる、と言う方針で今年はいくことにしました。

まず、甘酒を飲むようになりました。下戸な自分にとっては飛躍的成長です。

そして、急に思い立ち「宮沢賢治全集」を購入しました。

これまで「好きじゃない」と公言してきたのに、思い切った決断です。なぜか不意に「読もう」と思い立ちました。

仕事としても、今年は今まで手をつけてこなかったジャンルに挑戦します。

実は今年は「断る年にしよう」と考えていました。昨年の溢れすぎた自分の仕事を少し整理したいと考えていたからです。社団法人として、劇団として何をしてゆくか。何がしたいか。絞っていこうと考えてたのです。

ありがたいことに、その僕自身の願いに添うような依頼が寄せられました。

スケジュールも許してくれそうなので、喜んでお引き受けしました。

さらに、自分を見込んで遠方から声をかけてくれた方たちも。

「断る年にしよう」と考えていたのですが、ありがたいことに先方が自分を尊重してくれたおかげで、ここまでは断らずに来れています。

まだまだ、2017年は始まったばかりです。

ガンガン行きます(足元を整地しながら)。

それでも、7月までに7つの本番が待ってます。

ダンス・ダンス・ダンスです。

何故か写真の時間の流れが逆に…。

君は素敵、ゲストの皆さん!

豆まきしました。

問題①

詐欺師の物語を稽古してたら、シロサギを見かけました。

解答①

三年生を送る後輩たち。

女優たち。

問題②

解答②

講座生たち。

こちらも君は素敵ゲスト!

いえ、ラスボス?小林なるみさん!

函館の面々。

キックオフイベントの様子。

プチ新年会。

なおみん、久々にお気に入りのベッドで。


52回の閲覧

最新記事

すべて表示

『果実』公演中止に至った経緯の説明(2020/8/14)

いつもありがとうございます。 弦巻楽団代表の弦巻啓太です。 都合により8月13日、8月14日の上演を中止とさせていただいた 弦巻楽団#36『果実』ですが、 調整の結果、明日8月15日からの公演を再開できることになりました。 今回の公演中止、そして再開の判断に至った経緯をご説明いたします。 13日の早朝、公演スタッフの一名から、劇団代表の弦巻に 「同居人が、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した疑い

【公演再開のお知らせ】#36 果実 8月15日、16日の公演は行います。

都合のため8月13日の回と14日の回を中止とさせていただきました、 弦巻楽団#36『果実』ですが、 調整の結果明日から公演を再開できることになりました。 これからの 8月15日14時 8月15日18時 8月16日14時 の三公演を予定通り行います。 ご予約も受付中です。 明日15日のご予約は本日深夜0時までとなっております。お早めにお求めください。 中止となった13日、14日のご予約の振替も対応い