• 弦巻楽団

役者紹介㉒苫前町からやってまいりました!岩渕拓也!

こんにちは。

考え事をしているときは一点を見つめ、微動だにしないことが多々あります、柳田(やなぎー)です。

本日は役者紹介22人目、演劇に魅了され苫前町からやってきた岩渕拓也さんの登場です。

===



名前:岩渕拓也(いわぶちたくや)

あだ名:ぶっちー

出身地:函館市

血液型:O型

星座:みずがめ座



①今回の自分の役はどんな人物ですか?また注目してほしいポイントはどこですか?


リチャード二世の側近、ウィリアム・バゴットを担当させていただきます。The 子分といった人物ですが、一概にス◯夫と例えられない秘めた一面を持っているかも…!?



②『リチャード二世』の見どころを教えてください。


硬派で敷居の高いお話と思う方は多いかもしれません。今回がシェイクスピア初挑戦の私もそうでした。ですが今の時代にも通ずる内容だと思います。よく稽古中に"学校のクラスの中で起きた問題"といった例え話も出てきます。"偉い人も、同じ人間なんだ…"という姿勢で見ると面白いです。



③演技講座に参加しようと思ったきっかけは何ですか?


以前"苫前町民劇"(留萌管内の苫前町の方々が集まり毎年上演)に初めて参加した際に代表の弦巻さんと出会い、そこからお芝居に魅了されました。そして札幌にはたくさん素敵な舞台があることを知り、もっとそこでお芝居を学んでみたいと思い、参加させていただきました。



④好きな役者あるいは目標にしている役者は誰ですか?


クリストフ・ヴァルツという外国の役者です。悪役ぶりが凄まじいのですが、善玉もきちんとキメちゃいます。


⑤最後に一言お願いします。


ただいま世の中えらいこっちゃな時ですが、そんな時だからこそ、エンターテインメントの出番だと思います!シアターZOOでお会いできるのを楽しみにしております!!


===


ぶっちーさんは苫前町民劇をきっかけに、昨年の春から講座に参加しています。今回の作品では、リチャード二世の側近三人衆の一人「バゴット」を演じます。三人衆の別れのシーンで、最後に彼が言う言葉がとても好きです。ぜひご注目ください。



以上、役者紹介22人目でした。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。



弦巻楽団演技講座3学期『舞台に立つ』

「リチャード二世」


【日時】

3月26日(木)19:00

3月27日(金)19:00

3月28日(土)14:00/18:00

3月29日(日)14:00


【会場】 

扇谷記念スタジオシアターZOO


【チケット取り扱い】 

エヌチケ(https://www.ticket.ne.jp/nt/) 

大丸プレイガイド

ローソンチケット(Lコード:11489)


【ご予約】 

カルテットオンライン

https://www.quartet-online.net/ticket/butainitatsu-richard2)

0回の閲覧