• 弦巻楽団

「リチャード二世」上演に向けた新型コロナウイルスへの対策について(3/11現在)

最終更新: 3月12日

3月26日から29日まで上演予定の

弦巻楽団演技講座3学期『舞台に立つ』「リチャード二世」は予定通り上演致します。


劇場であるシアターZOOと改めて協議のうえ対策を強化し、またご来場の皆様にもご協力をお願いすることといたしました。


〇劇場内の換気、消毒などには万全を期しております。お客様にも、うがい、手洗いなど、可能な限りのご協力をお願いいたします。また、ご入場の際、手指の消毒をお願いいたします。何卒、ご理解の上、ご協力ください。

〇急な咳・くしゃみなどの症状が現れた場合、周囲のお客様にご配慮いただき、マスクの着用やハンカチ、着衣で覆うなどの対応をお願いいたします。 〇受付時に咳などの症状が見受けられるお客様には、お声掛けをさせて頂き、体温を測定ののち問題がないようであれば、連絡先をお聞きしてからご入場いただく場合もございます。あらかじめご理解ください。

〇受付スタッフ・場内整理スタッフはマスクを着用させていただきます。

また、観劇中は客席でペットボトルのお水をお飲みいただけます。

開場中もスタッフが逐次ご案内させて頂きます。

ご理解いただけますようお願い申し上げます。


現在行われている稽古では参加者間での感染を防ぐため、体調の優れないものは積極的に稽古に参加せず、稽古参加者を少人数に限定し、稽古中も小まめな換気、水分補給を行う等の予防対策をとって制作中です。

今回の公演は演技講座の発表公演でもあり、中学生、高校生の参加者もいます。

劇団では現在北海道から中学校・高校へ出ている要請を考慮し、保護者の方との協議を経た上で、許可をいただけた受講生のみ参加を継続してもらっています。


劇場での鑑賞にあたっては劇団として万全を期します。

なのでお客様もどうか無理はなさらずに、

体調がすぐれない、咳、発熱などの症状がある方は無理をなさらず、観劇をお控え下さい。

楽しみにしてくださった方、出演者に注目されていた方は非常に難しい決断になるかと思います。

ですが不安のある方はどうか無理はなさらないで下さい。

予約のキャンセル、前売り券の払い戻しなど、対応いたします。下記の連絡先までご連絡ください。


完全に同じもの、と言うのは舞台芸術では宿命的に不可能ですが、

いつか別の舞台で、そう遠くない機会にお返ししたいと思います。


ありがたいことに参加者一同は冷静に現状を踏まえ、注意を怠ることなく、

『リチャード二世』を素晴らしい舞台にするべく前向きに活動しています。


この舞台を大手を振って「どうか、どなたも観にいらして下さい!」と言えない状況が心苦しく、悔しいのですが、

可能な方は劇場に足を運んで、ご観劇いただければ嬉しいです。

どうかご理解とご協力をよろしくお願い致します。



一般社団法人 劇団弦巻楽団 代表 弦巻啓太

090-2872-9209 (弦巻楽団)

tsurumakigakudan@yahoo.co.jp



0回の閲覧