楽団日記

愛してるの響きだけで強くなれる気がしたよ。

一年を振り返る日がやってきました。 間違いなく2019年は弦巻楽団として過去最も濃密な一年となりました。 写真で振り返ってみても、あれもこれも今年だったのか…と少し驚いてしまいます。 弦巻楽団の2019年。 3月 『わたしたちの街の「ジュリアス・シーザー」』 札幌文化芸術交流センターSCARTS公募事業 6月 『神の子供達はみな遊ぶ』  明園中学校芸術鑑賞特別公演 7月 『私たちが機械だった頃』  北海道大学CoSTEPコラボレーション 8月 #33『ワンダー☆ランド』  札幌演劇シーズン2019夏 参加 9月〜10月 #34『ユー・キャント・ハリー・ラブ!』  札幌〜帯広〜東京ツアー 11月  『秋の大文化祭!』  札幌劇場祭参加 以上6作品でした。 この他に7月末には演技講座の一学期発表公演として『おれはロビンフッド』と『修学旅行の夜』の二本も上演しています。 2018年最後の記事でも触れてましたが、2019年は弦巻楽団にとって 新しい挑戦となる公演作り(3月の「わたしたちの街の『ジュリアス・シーザー』」、7月の「私たちが機械だった頃」)と、 集大成となる作品(8月の#33「ワンダー☆ランド」)と、 これからも自分たちの柱となるレパートリーの上演(9月10月の#34「ユー・キャント・ハリー・ラブ!」)と、 それぞれ違った方面での達成がありました。 札幌で活動することをずっと考えています。 活動する意味はなんとなく言葉になっていたのですが、活動することによってどんな未来を引き寄せたいのか、どんな未来の形があるのか、それをずっと考えてきました。 その問いに対するヒントやアドバイ

その場所で演劇を作る

なんと3ヶ月ぶりの投稿となりました。いけませんねえ。 書きたいことが次々に溢れ出す、発生するもので、手が追いつかないのが現状です。 この3ヶ月のこと、 特に『ユー・キャント・ハリー・ラブ!』のツアーや、大成功に終わった二つの学校公演についてや、 『秋の大文化祭!』について語りたいことは山ほどあるのですが、 順を追うと追いつかないので(!)今のことからお話しします。 この期間のことはまた次回、腰を据えて。 ただいま北海道の北の都市、名寄に滞在して地元の方々と演劇を作っています。 実はもう大詰めで、明後日本番です。 一回きりの名寄歴史市民劇『スターゲイザー』です。 先月の「秋の大文化祭!」が終わった翌日から名寄に移住し、一人暮らしをしていました。2度ほど札幌に帰りましたが、基本宿泊場所のウィークリーマンションと劇場を往復する日々です。 主催者の好意で劇場の楽屋を日中使わせてもらい、快適な環境で仕事に集中できるのは非常にありがたいです。地元のFMでラジオ番組を持たせてもらい、作品のPRを行いました。久々のラジオも楽しかったです。 今年は1月に三重県の津で滞在制作をし、この12月に名寄で滞在制作を行っている。ありがたいことです。ずうっとこうした滞在制作が念願だったので、それが叶った一年でした。 よく「忙しいんでしょ?」と言われるんですが、そんなことは全然ありません。来年度、再来年度もこうした演劇づくりに取り組みたいと強く願い、スケジュール帳を開いてお話をお待ちしています。 仮に忙しいとしても、劇団業務の隙間仕事として捉えてはおりません。お話をいただければ最大限調整いたします。 5月