楽団日記

2017年を振り返る。

大晦日がやってきました。なんだかんだとここ数年、このブログで一年を俯瞰するのが恒例になってます。目の前の公演を成功させることに夢中になるあまり、劇団のあり方や行く末の照準をついつい忘れがちな自分にとって必要な気もするので、ここでまた今年、2017年を振り返りたいと思います。 おかげさまで弦巻楽団としては2017年も高い密度で公演を重ねられました。これも駆け出しの劇団員4人と、キャリアだけはベテランの代表合わせて5人の劇団を支えてくれた出演者、スタッフの皆様、各地で尽力してくれた方々、そしてなにより、一つの言葉にはまとまりにくい『弦巻楽団』ならではの魅力を愛し、信頼し、劇場に足を運んでくれた沢山の観客の皆様のおかげです。本当にありがとうございます。 劇団としては本公演を3回、そのうち演劇シーズン参加が1回。ツアー1作品。芸能鑑賞公演1回。特別公演の一人芝居を1作品。そして『演技講座』の発表公演として3公演。内2作品はシェイクスピア作品と言う充実のラインナップでした。 時系列で辿れば 2月  #27 『君は素敵』   (演劇シーズン2017冬 参加作品) 3月  演技講座「舞台に立つ」 『コリオレイナス』 6月  深浦佑太一人芝居  『一人舞台』 7月  #28 『ナイトスイミング』 8月  演技講座 『出停記念日』『火星から来た女の子』 9月 『サウンズ・オブ・サイレンシーズ』国内(札幌、三重、大阪、北九州)ツアー 11月  演技講座「舞台に立つ」 『リチャード三世』 となります。 沢山の出会いがありました。そして「再会」も多く有った一年だと振り返ると感じます。10年前の作品であ

良い芝居をしよう

早くも一週間が経ちました。 弦巻作・演出によるとままえ町民劇『結婚しようよ』は12月16日に、ただ一回のステージを無事に終演しました。出演者、スタッフあわせて40名を越す?大所帯だったわけですが、そのチームワークや一体感には素晴らしいものがありました。 ここ数年の自分の試行錯誤が一つ結実した舞台でした。探していた答えの形を一つ見つけた公演だったとも言えるでしょう。 まず控えめに言って、相当控えめに言って、素晴らしい舞台でした。 ミスもありました。稽古の時の方がうまくいっている箇所もありました。しかし、そこには演劇がありました。自分が執筆したフィクションを通して、関わっている全ての作り手の生き方や、人間そのものがクッキリと浮かび上がってくるようでした。フィクションであり、他者のふりをして、架空の対話を通して、そこにいる「わたしたち」が伝わってくる。演劇の魔法のような一面が、確かにありました。 どうしてそんなことができたか?と言われたら、それがとままえ町民劇が10年間培ってきたものだ、としか言いようがありません。年に一度、だれに頼まれたからでもなく、芝居が好き、という思いだけで集まってきて稽古に打ち込む。プロになるためじゃない。でも、自分たちの楽しみのためだけに芝居作りをするわけでもない。奇跡的なバランスで取り組む人たちがそこにいました。良い作品を作るために。良い演技をするために。みな真剣に考え、悩んでいました。 本番は立ち見まで出る400名を越す観客が詰めかけました。3000人の町、苫前でです。腰が抜けるかと思いました。本番は観客席が一体となって、固唾を飲んで舞台上を見つめていま

受け継がれてゆくもの

まずはお知らせ。 【募集中】 弦巻楽団 演劇研究講座 演技講座3学期 『舞台に立つ』 受講生募集!!! 詳しくは詳細ページをご覧ください。 先日『リチャード三世』を上演した演技研究講座ですが、1月から始まる3学期の受講生を募集しております。年齢不問、経験不問です。今回もシェイクスピア作品に取り組みながら、3月の発表公演を目指します。キャスト志望者だけじゃなく、スタッフ志望者も受付中です。特に演出志望の方、弦巻啓太の演出助手を行いながら「演出」について、「演出」とは何か?勉強してみてはいかがでしょうか。美術、衣装、音響、照明、制作志望も受付けしてます。裏方に専念したい受講生もどしどしご応募ください。 応募方法は詳細ページへ!! https://www.tsurumaki-gakudan.com/blank-7 演劇シーズン2018冬の宣伝が本格化してきました。 札幌演劇シーズン 公式ホームページ http://s-e-season.com 恒例のチカホの大看板もお披露目されました。 みなさん、もうご覧なりましたか?ぜひパンフレットを手に取ったり、一緒に写真を撮ったりして下さい。 再演を重ねるごとに大きな舞台に立つことになった『ユー・キャント・ハリー・ラブ!』。 『作品が成長する』と言う事象を自分はこの演劇シーズンのおかげで実感できた気がします。そのおかげもあっての今回のレパートリー作品だと感じてます。 『ユー・キャント・ハリー・ラブ!』はここからさらなる成長を目指します。 ですが、ここまでの上演ごとそれぞれの『ユー・キャント・ハリー・ラブ!』、一つ一つが愛おしい。2005年の『