楽団日記

また旅が始まる。

1号2号揃った山口さん。 旅から帰ってきた9月25日。そして27日から新たな旅が始まりました。2泊3日の苫前町への旅です。ことし年頭にお話をいただき、苫前町町民劇10周年記念公演の脚本と演出をさせていただくことになりました。ことし唯一の書き下ろし新作。そして久しぶりのドタバタコメディです。タイトルは『結婚しようよ』。結婚披露宴の裏側で巻き起こる家族の繋がりを描いたコメディです。 3月に取材をさせていただいて、そこで聞いた幾つかのお話や、町での暮らしの様が作品のベースになっています。 この脚本、弦巻的「初」が多いのです。まず、出演者30名への当て書きというのが初めてでした。高校生以来20数年、ずっと当て書きでやってきたので今更別の書き方が想像つかないほどなのですが、30名はさすがに初めてです。30人分の人生を考え、登場人物を生み出します。そして、それぞれが絡み合うエピソードを…。 小学生もいれば、還暦を迎えた方もいます。ベテランもいれば、今回初参加の方も。 全員が一丸となる稽古の姿は、それだけでちょっと感動的です。 この日は配役が最終決定して、初めて弦巻も同席しての稽古。 残念なことにお仕事で出演できなくなった人がいました。残念です。ですが仕方ありません。生活の中で演劇に触れていくのなら、避けては通れない事態です。僕もその方と一緒に舞台作りをしたかったのですが。 しかし、町民劇の皆さんはそれで暗くなりません。また次ぎ一緒にやろうよ。そんな明るさと、タフさがあります。 本番は12月16日。 そして札幌でも『(秋も)舞台に立つ』が本格的にスタートしました。29日と30日で『リチャード

旅が終わる。

旅が終わりました。 弦巻楽団、3都市ツアー『サウンズ・オブ・サイレンシーズ』は札幌プレビュー公演を含めて全7ステージを終えて札幌に帰還しました。今までにない?11泊という長い行程を怪我なく乗り越えてくれたツアーメンバーに感謝です。そして何より受け入れてくれた各地の方々にありがとうの言葉を。 ツアー最終地、北九州は枝光アイアンシアターでの公演は、昨年と同じようにセットを全て天井の水面から落ちてくるように吊り下げる『水中美術』の再現となりました。ツアー3カ所で一番大きな会場でしたが、途端に圧迫感のある、逃げ場のない『サウンズ・オブ・サイレンシーズ』の世界が出来上がりました。 北九州では観てもらいたかった先輩演劇人たちに、特に飛ぶ劇場の方々に観ていただけたのがとても嬉しかった。アフタートークにも出ていただいた泊さんに作品を観ていただくのは7年ぶりです。あの時は『EQUINOX』だった…。なんだか、スカッと明るい作品“じゃない”作品ばかり観てもらってるような…。 北九州会場で観てもらった方々からも、熱い声をたくさんいただきました。 昨年の『四月になれば彼女は彼は』を観てもらってる方からは、そこからの進化や挑戦についても。女性ならではの視点、男性ならではの視点、と感じるような声もあれば、それは気がつかなかった!とハタと膝を打つ意見も。 「四者のバランスが良い」と本当にたくさん言われました。 楽団員の出演者が一人もいない今回の座組ですが、弦巻楽団を長く支えてきてくれた面々ばかりです。僕が信頼を持って作品を預けられる役者たちでした。弦巻楽団の世界観や役者が果たすべき役割について、きちんと理解