楽団日記

三重→大阪→北九州

こちらは北九州会場。 弦巻楽団『サウンズ・オブ・サイレンシーズ』ツアー初日は無事に三重県津あけぼの座で幕を開けました。 無事に、どころかたくさんのお客様に熱い熱い拍手で迎えてもらえました。カーテンコールで挨拶を済ませ、楽屋に全員下がっても終わらない拍手にもう一度出て行くことに…。関係者の方も、ここで初日からダブルカーテンコールになるなんて珍しいよ、と仰ってました。 終演後の交流会も盛り上がり、こちらの演劇状況や札幌のお話をさせてもらいました。 幸福な初日でした。 その客席に、 『ナイトスイミング』で活躍した佐久間泉真が東京から足を運んでくれました。 そして同じく関東からかつて函館で僕のワークショップを受けてくれた劇団41×46のはすこと斉藤君も観に来てくれました。 三重公演二日目も良い手応えをいただき、作品への自信がつきました。油田さんをはじめとする三重の演劇人や津あけぼの座の支援会員の皆さんとの交流や意見交換も貴重なひとときでした。SNS上でもたくさん熱い感想をいただきました。打ち上げはちょうど台風の襲来とかち合い、居酒屋の前でちょうど吹き飛ばされそうになりました。 でもおかげで大阪への道中はカラッと晴れ、安全に移動ができました。 奈良を通過する際、遠目に法隆寺が見えました。僕は修学旅行で奈良には行かなかったので(地区大会に参加していた)、ちょっと嬉しかった。 大阪公演は初めてです。先月下見には来てたのですが、会場となるインディペンデントシアター 1st はこの作品にとても「はまる」劇場でした。 この移動日のうちに仕込み、場当たりまでを済ませ翌日には本番です。ここで舞

さまざまな種類の沈黙が

代表弦巻です。 一昨日から弦巻楽団『サウンズ・オブ・サイレンシーズ』国内ツアーが始まりました。 1年ぶりの三重県津に向けて出発です。 昨年は4名でしたが、今回は7名(途中から1名プラス)の中所帯です。 『サウンズ・オブ・サイレンシーズ』はもともと三重、大阪、北九州の3都市でのみ上演される予定でした。しかし、#28ナイトスイミング のバラシ中にお手伝いしてくれていた信山エンデバー君に「どうして札幌でやらないんだ!このグズ!」と激しく鼓舞され、急遽6日にプレビュー公演を行いました。実際、やると決めてからの信山Pの動きは迅速で、チケット発売は5日たらずで完売しました。6日の公演当日は当日券に並ぶ方も多く、シアターZOOで満席で上演ができました。 信山Pは興奮気味に「やるべきだったでしょう!」と熱く訴えてきました。 観てくれた方も、とてもとても熱く感想を語ってくれました。 反省もありますが、この非常に地味な、淡々とした作品にそうした反応が返ってきたことが、少し自信になったことは確かです。 観てくれた皆さん、本当にありがとうございます。 三重は思ったほど暑くなく、一同ホッとしています。 一時の予報では30℃を越えると言われていたので…。 津あけぼの座は昨年の『四月になれば彼女は彼は』で来ているので今回で2回目です。とても良い小屋です。良い小屋は良い暗闇があります。セットを配置して、人間が立った瞬間、空間が劇空間に変質しました。おおお。これは良い芝居になるのではないだろうか。 今回はどう観てもらえるか非常に楽しみです。 #28ナイトスイミングのDVDが完成しました。 手元に届いた方も多いか