楽団日記

波の音がする!

団員の木村です! サウンズ・オブ・サイレンシーズ! 札幌プレ公演が2週間後に迫ってきました・・・!(ありがたいことに予約分は完売しました!当日券は出せる予定です!) 昨日は通し稽古! 通しを踏まえて!変更したりこれから修正する点を確認したり! 登場人物4人のそれぞれの視点でひとつの出来事が語られていくのですが!視点が変わるごとにひとりひとりの状況や他の人が知らない真実が徐々に見えてきて、同じシーンでも最初に見たのと二度目三度目で見るのとでは全然違うし!!何気ない言葉でもなんでそう言ったのか分かってザワザワします!! ホラー!!!これはホラー!!! 特にその出来事の中心にいるつばめさんが、中盤ぽつりと語り始めるところが好きです! 周りがあれやこれややってる中に巻き込まれて、ひと段落しそうなときに、それまでの流れを止めて空気を変えるというか! ううう!これは客席で観たい・・・!!! 波の音がどう聞こえるんだろう・・・!!! 公演詳細と!チケット予約はこちら! https://www.tsurumaki-gakudan.com/blank-9

面白いことはできなくてもいい

講座の1学期発表公演が終了しました。 #28ナイトスイミングが終わって約ひと月。『サウンズ・オブ・サイレンシーズ』の稽古も始まりましたが、4月末から演技講座も2017年度がスタートしていました。今年度はこれまでの要望を踏まえて主に仕事が終わったあと参加しやすい社会人向けの『平日夜コース』主に中高生向けの『土曜昼コース』の2コースを開催。それぞれのコースが約3ヶ月稽古してきた計2作品を発表しました。 土曜日のコースは弦巻がかつて美唄の市民劇団WA!に書き下ろした『火星から来た女の子』を。 火曜日のコースは高校演劇界の名作、島元要さんの『出停記念日』を上演しました。 本番は全4公演行われました。土日に2ステージずつ、さらに集まって毎回1度通し稽古をしていたので、どちらのメンバーも1日3公演行っていたことになります。3回本番をこなす集中力、お客さんの前で演じる緊張、初めて体感することばかりで、疲労が自分に与える影響含めて得るものの多い公演になったと思います。 3学期の劇場公演『舞台に立つ』を除けば、かつてない多くのお客様が狭い弦巻楽団の稽古場に集まってくれました。大幅な増席をした回も。ありがとうございます。 どちらのチームも失敗もありましたが、全員しっかりと演技してくれました。なので、バラツキはあれどどの回も物語の躍動や人間同士のぶつかり合いにハッとする瞬間がありました。初舞台の人間も、経験者も同じ土俵の上で演技が出来てました。 個人的には、昨年からこの講座を続けてくれているメンバーの成長が嬉しかった。コツコツ続けることが何より大切なことを改めて教えられます。 ある種古典的オーソドッ

よく喋る夏がきた!サウンズ・オブ・サイレンシーズ!

こんにちは!団員の木村です! ナイトスイミングがはるか昔に感じる今日この頃!(まだ2週間前!?) 弦巻楽団の次の本公演は「サウンズ・オブ・サイレンシーズ」再演ツアー! 三重、大阪、北九州をめぐります! そしてなんと!!クラアク芸術堂の信山E紘希さんによる企画ユニット「信山プロデュース」さんによる札幌プレビュー公演も決定しました!! 9月6日20時!シアターZOOで1回限りの上演です!! 詳細はこちら!http://www.clark-artcompany.com/tsurugakuxnobup 予約はほぼ埋まってしまいましたが、当日券は出せる予定です。ぜひご検討ください!! ということで、既に稽古が始まっております。 ガツガツ台詞を入れてます。 ナイトスイミングは宇宙が舞台のSFでしたが、サウンズは普通の日常って感じです。とにかく喋る! 現状維持の暮らしを望む姉・つばめ!今後を心配してお見合いをさせようとする妹・つぐみ!お見合い大作戦に巻き込まれるつぐみの彼氏・渉!お見合い相手に選ばれちゃった渉の職場の先輩・集! 画して実行されたお見合い大作戦!見事つばめと集は交際を始める!しかし半年後!つばめはプロポーズを断ってしまう! それは一体何故・・・? たまたま4人の日常が重なって、何かが起きる・・・。 言葉にならない言葉に押し潰される人たちのお話です。 あらすじだけ読むと地味だと思うかもしれませんが、色んな環境だったり抱えてきたものだったり強制されたものだったりにじわじわ沈められます。いつの間にかとんでもないことになります。 初演を観ている方も!今回初めて観る方も!ぜひぜひサウンズ