楽団日記

桜前線よりも北上して

劇団ナイスコンプレックス10周年記念公演『ナイスコンプレックス』は無事に全7ステージを終演しました。☆と★の2バージョンで上演された今公演、たくさんの方が両バージョンを観に何度も足を運んでくれました。 ありがとうございます。 何事も初めてのことばかりの公演でした。 キャストも、スタッフも初めての方ばかり。 あまつさえ、弦巻の演出舞台を観たことがある方も殆どいない。 お互いの方法論を擦り合わせ、共通言語を探すところから稽古場はスタートしました。 東京で芝居に触れてきた俳優たちの身体には、札幌の演劇人とは違う緊張感やこわばりがありました。それが彼らにとっての舞台であり、演劇で生きて行くと言うことであることはすぐに理解できました。できるだけ、そうしたこわばりを取り外すように、場面を作り、稽古を積み重ねていきました。演出家として答えを用意することより、分からないから考えてみよう、を大事にしました。 上手さというのは諸刃の剣です。もちろん、立つ舞台によって、主催者の考え方によってそれは変わってくるでしょうが、「上手さ」と言うカテゴリーに当て嵌められた時点で「上手さ」は「上手さ」では無くなってしまう。自分はそう考えます。 たくさんの現場で様々な演出家のもと舞台に立ってきた彼らは、僕の「イメージ」に到達しようと奮闘してくれました。自分はそれが形になってしまう直前(あるいは直後)に、もう一度ゼロから考え直したり、横槍を入れて別な考えを提示したり、まぜっかえしたりしていました。 初めは不安もあったかと思います。 ですが、1週間も経つ頃には、皆そうした稽古を楽しんでいるようでした。

桜の花、舞い上がる道を

劇団ナイスコンプレックス『ナイスコンプレックス』、無事初日が幕を開けました。 たくさんのお客さんの姿が、この劇団がとても愛されていることを表していました。とても良い初日でした。緊張感があって、出来合いの完成品じゃなくて、目の前で事件が刻まれていく約110分。 終盤、積み重ねたものが収斂する瞬間がありました。舞台と客席が一つとなって、中心人物である「健介」を息を詰めて見守る、そんなゾクゾクする沈黙が数秒立ち現れました。 とても良い初日でした。 初めましての役者さんばかりでしたが、本当に座組のチームワークに救われました。 そして何よりナイスコンプレックスの劇団員の皆さんの取り組み方に感心しました。作品に、演出に、舞台に対する姿勢に、この東京で10年活動を重ねてきた強さを感じます。 客演の皆さんからも、東京の演劇人ゆえの器用さ、強さを感じます。闘ってきた境遇や、歩んできた舞台を。勉強になることばかりです。 東京ではしばらく桜が楽しめました。 住宅街のいたるところに桜が咲いてる光景に感動しました。札幌より散るのに時間もかかってるようでした。桜が新しい季節の始まりを表すのも凄く納得のいく感じでした。 ここぞとばかりに様々な人と会いました。 かつての教え子たち、講座の卒業生、 来年の公演で出演していただく永井さん、 昨年韓国でエライお世話になった春美さん…。 東京生活も20日目。今朝おそらくこっちで最後となる洗濯を済ませました。 あと6ステージ。

受講生募集中!!

こんにちは!団員の木村です! 稽古場の引っ越しもおわり!外も暖かくなってきて!新年度って感じですねʕ•ᴥ•ʔ! 先日、舞台に立つ発表公演「コリオレイナス」が終演しました! ご来場の皆さま本当にありがとうございました!! たくさんの方に観て、楽しんでいただけて、ありがたい限りです・・・!! 良い機会を与えていただけました・・・ さて!「コリオレイナス」で演技講座は一区切り! 四月末から新たに2017年度の演劇研究講座がスタートします! ただいま演技・戯曲講座ともに受講生を募集しております! 今年から時間帯が少し変わってます!平日夜の講座もできました! お芝居を始めたい方、すでに始めてる方、さらにお芝居したい方、一緒にやりませんか? たくさんの方からのお申し込み待ってますー!!! 以下詳細&代表からのご案内です。 弦巻楽団演劇研究講座、2017年度も開講!受講生を募集します。 2017年度はこれまでの好評を受け、 劇団の稽古場もちょっぴり広くなったので、 3つの講座を開講します!! 演技講座A(週一回) 火曜日 19時〜22時 演技講座B(週一回) 土曜日 14時〜17時 戯曲講座 (月二回) 日曜日 14時〜17時 受講料 3000円/月 会場  弦巻楽団稽古場 (札幌市中央区南11条西9丁目 あけぼのアートアンドコミュニティセンター8号室) 演技クラスが今年から2コースに分かれます。 平日、学校や仕事の後に参加したいという方は火曜夜のAコースへ。 あまり遅い時間は…という方は土曜午後のコースBへ。 受講生の活躍も著しい戯曲講座ももちろん今年も開講!日曜日の午後に行います。 演技

新しい日々を

新年度始まりまして。 東京におります。今月公演する劇団ナイスコンプレックスの『ナイスコンプレックス』の演出を担当することになりまして、40にして初の単身赴任です。昨日顔合わせ、すぐに読み稽古だったのですが、集まったキャスト陣の個性に心強さを感じました。 おもいっきりやろうと思います。 2017年度、弦巻楽団としても動き出しております。 今年は#28『ナイトスイミング』、『サウンズ・オブ・サイレンシーズ』国内ツアー、#29『ユー・キャント・ハリー・ラブ!』(演劇シーズン2018冬レパートリー作品)。演技講座の発表も8月、11月、3月(「舞台に立つ」)に。特に今年は11月の発表公演にも、どデカい企画を用意しています。 更に、先ごろ札幌予選が行われた「INDEPENDENT」本選(6月)に深浦佑太と臨みます。 そして、新作戯曲を一つ書き下ろします。 稽古場が広くなったのを良いことに、今までやってきたことをジワジワと広げていこうと考えています。演技講座、戯曲講座、どちらも募集が始まってます。 そして、新入団員の募集も。 弦巻個人として。以前よりお知らせしていましたが、2016年度をもちまして弦巻はシアターZOOのディレクターの契約を満了いたしました。約束した4年間、「もっとできたな〜」とか「こうすれば良かった」とか、思うところはありますが、これが自分の精一杯だったな、と納得もしてます。予算のない中、自分のような世間知らずに劇場のディレクターと言う看板を掲げさせてくれたシアターZOO、北海道演劇財団には感謝しかありません。 得たものは随分ある気がします。これからそうした恩をきちんと返して