​#35 1/2「出停記念日」

【新型コロナウイルス感染防止対策について】

今作は下記のとおり対策を実施したうえで上演いたします。
また、ご来場のお客様にもご協力をお願いすることがございます。あらかじめご了承ください。

・稽古期間~公演最終日まで参加者の手指アルコール消毒とマスク着用の徹底
・稽古場・劇場(客席・ロビー・舞台)のアルコール消毒
・場内スタッフのマスク着用
・客席数を通常の劇場収容人数の1/5に制限
・劇場の扉と裏口を開放し、密閉状態を作らずに上演
・お客様に手指のアルコール消毒とマスク着用のお願い
・入場時に咳・発熱等の症状がみられるお客様への検温、連絡先記入のお願い

 

なお、上演時間は約50分を予定しております。

アーカイブ放送【さっぽろアートライブ】公開中

無観客上演の映像を公開しております。

劇場に足を運べなかった方、高校演劇の名作をもう一度観たい方、ぜひご覧ください。

「出停記念日」公開リーディング

7月2日に初日を迎える(予定)の

弦巻楽団#35 1/2『出停記念日』。

緊急事態宣言は解除になりましたが、未だ楽観は出来ません。この状況の下、オンラインで演劇に取り組み、稽古を進めてきた模様を、札幌シェアターさんにご協力いただきながら生配信で公開いたしました。アーカイブ(記録映像)が下記のURLから視聴できます。

登場人物5人のシンプルな戯曲に、8人の出演者で臨みます。本番前の創作現場を垣間見れる貴重な機会です。リーディングとして、本番とは違う仕上がりになってますが、よりクリアに弦巻楽団の演出が味わえる映像になっています。

 

少しでも劇場の風を感じていただけたら、そして楽しんで頂ければ幸いです。

 【配信チャンネル】

札幌シェアターチャンネル 

https://www.youtube.com/watch?v=zsGLi0CIJeM

​ 【あらすじ】 

文化祭の打ち上げで飲酒がバレて、44人中40人が停学になった高校2年生のクラス。

停学指導が始まった日、グラウンドは指導を受けている40人で大盛況。がらんとした教室に取り残され、窓からグラウンドをただ眺めている4人。彼女たちは、はたしてこの友情の記念日に参加することができるのか?

弦巻楽団の新作公演は約15年前に書かれた高校演劇界の名作「出停記念日」。

クラスの殆どが出席停止となり、教室に残されることになった4人の生徒。

残された側の視点から語られる、自分たちは今、なぜ教室にいるのか・・・。

島元要氏による端正な言葉で紡がれた戯曲を、8人の役者が役を交換しながら演じます。

​ 【作】 

島元要

 【演出】 

弦巻啓太

 【出演】 

相馬日奈、木村愛香音、島田彩華、阿部邦彦(以上、弦巻楽団)

 

鈴山あおい(StudioMAZUL)、幅寺貴梨花、柳田裕美、吉井裕香

 【日時】 

‪7月2日(木)19:00   

7月3日(金)19:00 

7月4日(土)14:00

7月4日(土)17:00 

※開場は開演の各30分前

※各回50席限定

!2日14時より無観客上演の生配信を行います!

アーカイブも残りますので、リアルタイムで見られない方もご自宅でお楽しみいただけます。

配信URL:https://www.youtube.com/watch?v=zD1828BT1s4

 

 【料金】 

一般2,000円 学生1,000円 高校生以下500円(税込)

※当日は一般、学生のみ500円増し

 【会場】 

サンピアザ劇場

〒004-0052 札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-5

TEL 011-890-2458

JR新札幌駅より徒歩2分

地下鉄東西線新さっぽろ駅より徒歩3分

 【スタッフ】 

照明:秋野良太(祇王舎)

宣伝デザイン:むらかみなお

制作協力:ダブルス 制作:弦巻楽団

​主催:一般社団法人劇団弦巻楽団