​サンピアザ劇場プレミアムステージ

#35「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」

『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』は弦巻啓太が2019年1月に三重県の劇場、津あけぼの座プロデュースユニット『あうんの会』第2回公演(出演:坂口修一、小菅紘史(第七劇場))に書き下ろした脚本で、今回が札幌初演となります。

共演の多い深浦佑太、村上義典ですが、ここまで「がっぷり四つ」に組む舞台は、それもここまで「ストレートプレイ」な「コメディ」はなかなか存在しません。二人による豊かな演技合戦もご注目&ご期待ください。

弦巻楽団としては#30『歌は自由を目指す』以来の新作。しかも『ウェルメイド・コメディ』の新作は(実は)久々の登場となります。

そんな弦巻楽団の「心が軽くなる」コメディをぜひご堪能ください!!

古川 大和 41歳・妻有り。

本人曰く、離婚係争中。

 

框 貞九郎 39歳・独身。

本人曰く、常に募集中。

 

主義も嗜好も違う二人の男、大和と貞九郎。

一つの部屋には二つのベッド。

ベッドの一つは大和の、もう一つは出て行った大和の妻のベッド。

二人はそこで暮らしている。

妻に出て行かれて以来 頑なになる大和を見かねて貞九郎は女性を紹介、あの手この手で説得し、送り出す。

ところが、紹介された女性が貞九郎の元恋人だと知って大和は激怒して帰宅し・・・。

 

弦巻楽団が2020年に送る第一弾作品はこれまで約10年間、弦巻楽団数々の舞台で主役を演じてきた二人による待望の、徹頭徹尾二人きりのウェルメイド・コメディ!

 

【作・演出】
弦巻啓太

【出演】

深浦佑太(ディリバレー・ダイバーズ)

村上義典(ディリバレー・ダイバーズ)

【日時】

1月17日(金)19:30 

1月18日(土)14:00/18:00

1月19日(日)14:00

1月20日(月)19:30 

※開場は開演の30分前

 

【会場】

サンピアザ劇場

〒004-0052 札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-5

TEL / FAX 011-890-2458(対応時間 平日10:00~17:00)

【料金】

前売・予約 一般 3,000円、U-22  1,500円

当日料金 一般 3,500円、U-22  2,000円

※税込

【チケット取り扱い】

○カルテットオンライン(予約のみ)

https://www.quartet-online.net/ticket/tsurumaki-35ram

○エヌチケ 

https://www.ticket.ne.jp/nt/

○ローソンチケット Lコード:11517

○道新プレイガイド

○市民交流プラザチケットカウンター

○サンピアザプレイガイド

○デュオプレイガイド

【スタッフ】

演出助手:木村愛香音 美術プラン:江戸橋トンテンカンテン 

美術製作:上田知 照明:秋野良太(祇王舎) 

音響:山口愛由美 宣伝デザイン:むらかみなお 

フライヤー撮影:簗田愛美 

制作協力:ダブルス、弦巻楽団演劇研究講座 佐久間泉真(d-SAP)

制作:弦巻楽団 企画:弦巻楽団、津あけぼの座 

共催:㈱札幌副都心開発公社、公益財団法人 北海道演劇財団 

主催:一般社団法人劇団弦巻楽団

【お問合せ】

弦巻楽団 

TEL:090-2872-9209

tsurumakigakudan@yahoo.co.jp