主な活動

【本公演】

優れたオリジナルの演劇作品を創造し、地域の演劇文化の普及と向上を図っています。親しみやすいウェルメイドコメディを中心に、胸を締め付ける人間ドラマ、現代社会の問題を描いた会話劇、劇場いっぱいに溢れる冒険作品など、多彩な作品を多く生み出しています。幅広い観客層に支持され、「初めての観劇にもおすすめ」と評価をいただいてます。
代表作:「ユー・キャント・ハリー・ラブ!」「ナイトスイミング」「果実」「死にたいヤツら」「君は素敵」など。

活動拠点の札幌や北海道内だけでなく、東京、愛知、三重、関西、九州、韓国3都市など、各地で上演。

1/1

【演劇研究講座】

演技講座、戯曲講座の二つの講座を一年を通して開講。
演技講座は年3回の発表公演を行い、戯曲講座は作品を執筆、完成を目指し戯曲賞への応募を行います。
初心者から経験者まで、中学生以上であれば誰でも受講可能。好評を博しており年々参加者が増加、これまでの受講生の総数は200名を越えます。卒業生の中には俳優として活動するだけではなく、演劇情報サイトの運営など、各地各分野で多岐にわたる活動を続けています。
専門的な外部講師や東京や道外で活躍するゲスト講師をお招きし、広い視野での運営を行なっています。

1/1

【芸術鑑賞公演】

「初めての観劇に相応しい」との評価をいただき、中学校や高校への芸術鑑賞公演を毎年のように行なっています。
エンターテイメント性と舞台芸術としての奥深さを兼ね備えた弦巻楽団の諸作品は生徒達だけではなく、学校関係者からも高い評価と信頼をいただいてます。劇場公演に限らず、体育館での上演も積極的に行なっています。
上演作品、スケジュール、上演料などは劇団にお気軽にご相談下さい。

!現在2020年1月に上演する作品の芸術鑑賞を希望する団体を募集しています。

 ​「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」芸術鑑賞公演について

【アウトリーチ活動(ワークショップ講師の派遣)

中学校や高校の演劇部や、各地の市民劇団への専門的な指導・アドバイスのほか、演劇的取り組みを通したコミュニケーション教育への参加、地域のコミュニティでのチーム作りなど、目的に合わせた多様なワークショップを行なっています。

また、コラボレーション企画として大学や高校との共同制作も行なっています。

・弦巻楽団×高校演劇部 「神の子供達はみな遊ぶ」

・弦巻楽団×北海道大学 CoSTEP 「私たちが機械だった頃」