​劇団員募集

弦巻楽団では現在年間2~4回の本公演、それに伴う地方公演を精力的に行っています。弦巻楽団ならではのエンターテイメントを追求し、充実した演劇作品を観客に提供することを目指し活動しています。

さらに、地域の演劇文化を高め、新たな演劇人を育成するために1年を通じて「演劇研究講座」を開催しています。

こうした弦巻楽団に共感し、一緒に活動し創作してくれる楽団員を募集します。

 

劇団員の主な仕事は

 

① 公演に関する全て(出演だけじゃなくスタッフ作業全般を含みます)

② 演劇研究講座の運営

③ ①と②を成立させるための準備、運営

 

となります。

正直、今現在は4人の楽団員で分担するにはかなりハードな作業量となっています。

たくさんの方の協力や支援があって初めて成立している状態です。

 

劇団としての創造力を高めるには、劇団員一同でレベルアップしていくことが必須です。何故なら、劇団の作品世界を作り上げるのは一人一人の劇団員の個性であり、その総体が唯一無二の劇団のカラーとなるのですから。

 

弦巻楽団は12年前、代表の弦巻啓太が「様々な表現者とのコラボレーションの場」と考案し設立しました。12年が経ち、この街の演劇状況も日本の演劇環境も変化しました。その変化を受けて、弦巻楽団は劇団としてのまとまりと創造性を高めていくべきだと感じてます。これは我々にとって大きな冒険です。

 

この新たな冒険にともに出発してもらえる方を求めています。

苦労もありますが、なにより喜びや楽しさを分かち合える方を探しています。

 

弦巻楽団代表 弦巻啓太

【参加資格】

 弦巻楽団の公演を見たことがあり、参加への意欲がある方。

 稽古場であるあけぼのアート&コミュニティセンター(札幌市中央区南11場西9丁目)まで

 自力で通うことができる方。

【お申し込み、お問い合わせ先】

 tsurumakigakudan@yahoo.co.jp

もっと見る