弦巻楽団×北海道大学CoSTEP コラボレーション企画

「インヴィジブル・タッチ」

<サイエンスアゴラ2020 先行リモート公演>

2020年11月15 日(日) 17:30~19:30

 

幕間の時間に Zoomを用いて観客同士で話し合う時間を設けた「参加型演劇」です。

 

【予約】https://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/2020/planning/planning_1509.html

 サイエンスアゴラは科学と社会の関係を深めるために 国立研究開発法人 科学技術振興機構が年 1 回主宰するイベントです。

 【出演】 

natsu

岩杉夏 (ディリバレー・ダイバーズ)

konomi

袖山このみ (劇団words of hearts)

nukumi

温水元 (満天飯店)

昨年の「私たちが機械だった頃」に続く弦巻楽団×北海道大学CoSTEPによるコラボレーション企画第2弾。
2020年取組むテーマは「コンタクト・トレーシング(接触追跡)」。

新型ウイルスの感染拡大を予防するために開発された、
感染の疑いが強い人間と濃厚接触したかどうかを確認するアプリ。
導入を図るとある集合住宅で、住人たちの意見は対立する。
「守りたくないんですか?身の回りの人を」

今年、突如訪れた社会の変化によって、私たちの暮らしに侵食しつつある新しい価値観。新しい生活。新しいスタイル。
私たちを変えようとしているこの「目に見えない」意思は誰のものなのか?
目に見えないウイルスによるものか。あるいは、神か。人か。

初の開催となった昨年は2ステージのみの公演ながら前売り券が完売。中盤に「観客同士によるディスカッションを行います」という内容ながら、驚くほどその交流が盛り上がりました。アンケートでも「もっと話し合いたかった!」と言う声が多数!
今年は感染症予防の観点から観客同士の討議は行わず、後日オンラインで観客の皆さんのご意見や感想を交わし合う予定です。
出演に岩杉夏、袖山このみ、温水元と言う弦巻楽団お馴染みの力強い面々を揃え、ウェルメイドな問題作をお届けします。

 

ソーシャルディスタンス、新しい生活様式……。新型コロナウイルス感染症の流行が変えた社会のあり方の一つに、接触確認アプリ(COCOA)の導入があります。この技術の利用は、私たちに恩恵を与える一方で、思いもしなかった負の影響を社会全体に与えるかもしれません。劇中の登場人物たちは、アプリの利用についてそれぞれ異なった考え方や思いを抱えています。その思いの背後にある立場や価値観の相違は劇中で明らかになるでしょう。観客のみなさんは登場人物の振る舞いを通じて、技術の利用についてどんな判断をするでしょうか。演劇を用いて、意見の分かれる問題を表現し、共に考えを深めていく場をみなさんと一緒に創っていきたいと考えています。

 

種村剛(北海道大学CoSTEP)

 【企画原案】  

種村剛(北海道大学 科学技術コミュニケーション教育研究部門 CoSTEP)

 【脚本・演出】 

弦巻啓太

 【日時】 

‪2020年11月20日 19:30

      21日 13:00 /19:00

      22日 14:00

※開場は開演の30分前

※各回80席限定

 【料金】 

一般:3,000円 学生:2,000円 高校生以下:1,000円(税込)

※当日券は各500円増し

 【ご予約】  

・カルテットオンライン(予約フォーム)

https://www.quartet-online.net/ticket/invisible-touch

・弦巻楽団

tsurumakigakudan@yahoo.co.jp

090-2872-9209

 【チケット取り扱い】  

・エヌチケ

https://www.ticket.ne.jp/nt/

・ローソンチケット( Lコード:11396)

・道新プレイガイド

・札幌市民交流プラザチケットセンター

 【会場】 

サンピアザ劇場

〒004-0052 札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-5

TEL 011-890-2458

JR新札幌駅より徒歩2分

地下鉄東西線新さっぽろ駅より徒歩3分

 【スタッフ】 

照明:秋野良太(祇王舎)

制作:弦巻楽団  制作協力:ダブルス

主催:一般社団法人 劇団弦巻楽団 

   北海道大学高等教育推進機構オープンエデュケーションセンター科学技術コミニュケーション教育研究部門CoSTEP(コーステップ)

​連携:TERRACE

※北海道大学CoSTEPは、科学技術の専門家と市民の橋渡しをする人材を育てる研究組織です。

​※本プロジェクトは、2019 年度 科学研究費助成事業 基盤研究 (C)「演劇を用いた科学技術コミュニケーション手法の開発 と教育効果の評価に関する研究(課題番号 19K03105)」 研究代表:種村剛の助成による。

北海道大学公式サイト(https://www.hokudai.ac.jp/

 【お問い合わせ】 

弦巻楽団

tsurumakigakudan@yahoo.co.jp

090-2872-9209